ft ブログ

釣り具のレビュー、 DIY、雑ハック

SHIMANO ドレインヒップバッグ BW-013U インプレ【磯装備】

(地)磯での使用を想定した、タックルバッグのインプレをいたします。

最初に能書きを垂れます。

ここ最近は釣り人のリテラシーもそこそこ上がりつつあるようで、釣り場でご一緒する方々の多くが、しっかりライフジャケットやフロートを着用しているように思います。

一方で、荒れた地磯にパーカー+クロックス姿で現れる北風小僧のシャクリ太郎*1が散見されるのも現状です。

 

知能と収入が低いために、どうしてもライフジャケットや磯靴などの安全装備を用意できない種族が一定数いるのは仕方ないようです。

しかしながら、リテラシーの問題は、初心者の努力だけではなく、ある程度経験を積んだ側が積極的に情報発信して、改善すべき点でもあると思います。

 

とは言いつつも、「偉そうに語りやがってw」とか思われそう、などと自意識が拗れてしまって、なかなか発信しにくい部分がありますよね。中学の英語の発音みたいな感じです。

 

そこで、竿やリール、ルアーといった直接魚とやりあう道具だけではない、釣りの周辺装備についてもインプレをしつつ、リテラシーの向上を仄めかしたいと思います。

 

それに、こういった周辺装備のインプレ情報は比較的乏しく、お求めの際は、実際に釣具屋で触って決めるしかない状況が多いように思います。このインプレを通して、特に大型釣具店が近くにない方の役に立てたらなと思います。

 

それではインプレに入りたいと思います。

 

私は基本的に装備を必要最小限にする努力をする教の信者です。

これは、軽快に釣りがしたいという思想とともに、身軽であることは安全面でも重要な点だと考えているからです。

また、そもそも軽量なものとか、機能的なものとかについてあれこれ調べて、買ってみて、、という作業自体が好きです。

そして釣り人の半数程度はそういった性分なんじゃないかと思っております。

(もう半分くらいは重装備マン)

 

今回インプレするドレインヒップバッグは少なからず、装備必要最小限教信者にささるバッグだと思います。

 

底部のフィッシュグリップホルダー

f:id:ftkhsh:20210930220345j:plainf:id:ftkhsh:20210930220349j:plain

バッグの底部にフィッシュグリップを付けることができます。

ここで本質情報()を入れておきます。

私は商品情報にあるフィッシュグリップ、UE-301T を使用しています。

このフィッシュグリップはウエイトの計量機能もついていて便利なのですが、インプレのヒップバッグには少し大きいです

完全に落ちることはないので問題はないのですが、磯歩きの際、ずり落ちてきて気になる場合があります。

計量機能の無いタイプのシマノのフィッシュグリップボガグリップ、これらの類似品ならズレることなく保持できると思います。

 

便利なフラットモールシステム

f:id:ftkhsh:20210930220353j:plainf:id:ftkhsh:20210930220357j:plain

ベルト部分はいわゆるフラットモールシステムが採用されていて、多くの装備を保持することができます。

D管は写真のように片側にしかありませんが、それでも正直持て余しております。

自分は下の写真のような感じで、リンクを貼っている装備たちを保持させています。

f:id:ftkhsh:20210930220400j:plainf:id:ftkhsh:20210930220404j:plain

 

 

青物やヒラスズキ狙いの地磯ランガンには十分な容量

f:id:ftkhsh:20210930220407j:plainf:id:ftkhsh:20210930220410j:plain

写真のような感じで、商品情報にある規格のルアー・小物ケースを収納できます。

3020 の薄型なら2つ、ノーマルなら1つ入れることができます。

ディープタイプは入らないことはありませんが、出し入れがめちゃくちゃ大変です。

 

ドレイン機能つけるなら、、、

隣の磯まで泳ぐとか、ウェーディングする方には便利な機能かもしれません。

しかしながら、内側は撥水素材ではないので水が生地に染み込みます。

内ポケットの生地なんかはベチャベチャになります。ドレイン機能つけるのなら、内側も撥水素材とか、全てを流行りのターポリンにすべきだと思います。

少なくとも入水しない私には意味のない機能です。

 

蛇足

青物メインの筆者ですが、このバッグの D管につけて、こんな感じでエギを隠し持っています。磯場では、投げれば抱く大型見えイカにちょくちょく出くわすので、気軽におかずを増やすことができます。

f:id:ftkhsh:20210930220414j:plain

 

以上、能書きが過ぎましたが、ヒップバッグのインプレでした。

周辺装備にここまでインプレしている記事は少ないと思いますので、これからも本質情報()をお届けできるよう精進いたします。

 

それでは。

*1:必要以上にヒュンヒュン言わせるエギンガー